和音を理解するだけで音楽理論マスター?!

どうもいさです。
nana民の皆様、音楽理論に興味ありますか?

ある人にとっては、難しそうで退屈な響きかもしれませんが、
ある人にとっては、音楽理論を知っているだけで、
楽々サクサクハモリができたり曲を作れたり
曲を耳コピしたり
伴奏の人と打ち合わせをするときも、
言葉の表現のミスが起きにくくなったりと、
そんなメリットを知っていて、
喉から手が出るくらいに知りたいことではないでしょうか。

今回は、そんな、音楽理論の一番のコアになります
【和音】について、極力簡単に書いていきたいと思います!

そもそも、音楽理論って?

「音楽理論」って書いてしまうとあまりに漠然としているので、
僕が書いていく音楽理論は、「知っておくと得する音楽の話」くらいに思ってください。

和音ってなに?

そもそも、和音っていうものがわからない人が多いと思います。
とりあえず、聴いてみましょう。

これは「Cコード」という和音です。
ピアノをやったことがある方はわかると思いますが、
ド・ミ・ソの三つの音を一緒に鳴らしています。
この「音を同時にいくつか鳴らすこと」を和音といいます。

ちなみに、なぜ、今の和音がCコード、と呼ばれているか?
それはドレミの「ド」は別名「C」と呼ばれています。
日本でいうところのイロハニホヘトですね。
確か、ドイツ語だとドレミファソラシド。
そして、世界基準が、ABCDEFG。

鍵盤に表すとわかりやすいかと思います。

参考までに、ドレミファソラシドも。

この「C(ド)」から始まる、和音(・ミ・ソ)なので、
「Cコード」と呼ばれています。

ちなみに「コード」とは、日本語で「和音」と解釈しておいてください。
ほとんど、同じ使われ方しています。

で?和音がなんだって?

はい。和音が音楽理論の核になるんです。
なんで、核になるのかは、やって行くうちに
体感的に感じていけると思います。お楽しみにです。

和音の仕組みについて、お話しします。

和音には、必ずお決まりがあります。
なんでも、好き勝手に組み合わせればいいというものではありません。
必ず、法則があります

これをみてください。

Cコードは、「ド・ミ・ソ」でできています。
何か、感じませんか?

それでは、これをみて下さい。
これは、和音の法則に乗って、3つ、4つ、5つ、と音を重ねていったコードです。

お気付きですか?
そう、「なんか、一個飛ばしで弾いている」んですよ!!
一個感覚で、鍵盤とばして弾いていっているです!!

これが法則?
そう、これが法則です。

これをみて下さい。

赤が「奇数」青が「偶数」です
先ほどの動画では、「赤の鍵盤」だけを弾きました。
そう、奇数だけです。

じゃあ、偶数だけを弾くとどうなるの?
こちらをご覧ください。

これもOKです!!
とにかく、隣り合わせの音を弾かなければ和音になるんです。
逆に、隣り合わせの音を弾くと、不協和音になるんです!
汚い音になります!

実際に、隣り合わせ同士で弾いてみますね。

どうですか。
なんか、綺麗な感じないですよね。
てか、汚いですよね!!
これが、不協和音です。

まとめ

今回のことから、私どもが学べること。
それは、
「和音は、一つ飛ばし、一つ飛ばしの音でできている!!」です!!

どうでしたか?
まだまだ、始まりたてなので、実感はないかもしれませんが、
ここを出発として、一気に音楽理論マスターに転職していきましょう!