ハモリで学ぶ和音!@なんか楽しくなってきた!

どうも、いさです。
ベラベラとアウトプットしたい気分です。

前回は、「和音を理解するだけで音楽理論マスター?!」と題して、
和音について学びました。
和音とは「一つ飛ばし、一つ飛ばしの音でできている!!」でしたね。

今回は、あの、飛ばし飛ばしの考え方を応用して「ハモリ」を
していきたいと思います!

そもそも、ハモリとは?

ハモリ自体を知らない人はほとんどいないのでは、と思いますが、
ハモリについて知っている人は、そんなに多くないと思います。

そもそも、ハモリとは、なんでしょうか。
ハモリとは
「ハーモニー(和音)」+「動名詞」=「ハモリ」
という造語です。

とりあえず、ハモってみます。

笑わないでください。耳を塞がないでください。笑
ああ、これか、と思ったと思います。

要するに、ハモリとは、「ハーモニー(和音)」なんですね。

なので、ハモるということは、前回勉強した、
「和音」するということです。

大切なことなので、もう一度言います。
ハモリとは、「和音する」ということです!!

前回の話とどうつながる??

これ覚えてますか?

Cコードというのを鳴らすとき、一個飛ばし、一個飛ばしでって話をしました。
C=ド、でしたよね。
なので、この図を見ると、「C=ド=1」となりますよね。

で、Cコードは「ド・ミ・ソ」でしたよね。
なので、ド(1)ミ(3)ソ(5)となります。

和音は、1・3・5の構成でできているんです!!
覚えてください。1・3・5。

1・3・5。
1・3・5・・・・

僕は「いさ」ですよね。
1・3。

僕が女の子になると「いさこ」です。
1・3・5。

い・さ・こ。
1・3・5。

もう覚えましたね。

実は、ハモリとは、1(主旋律)に対して、3か5の音を出すだけなんです。
何いっているか、わからないですよね。

毎度おなじみの、百間に如かずです。
こちらを、みてください。

ド・ミ・ソ・・・高いド。
1・3・5・・・高い1。
ですね。

次の動画は、このピアノの音に合わせて、声を発してみます。

なんだか、ハモってる感あるでしょ?

この動画の構造はこんな感じ。
まずは、ド=1(主旋律)から入ってきます。
次に3の音、次に5の音、最後に高い1を発生します。
1→3→5→1って感じでハーモニーを展開いています。

これが綺麗に聞こえるのは、1・3・5が調和しやすい音だからです。
(声が汚いとか言わないでくれ)

わけわからない、もっと実践的に!!

了解した。それでは、実際に、何かの歌でハモってみます。
そうですね、
秦基博で「鱗」のサビの頭だけ歌ってみます!

だから、笑わないでください。笑
多少のピッチの悪さや、気持ち悪さはありますが、
ハモってる感はありますよね??

理論的には、バッチグー!!なんです!

この音声は、
最初に主旋律(1)を歌い、次にハモリ(3)を重ねて歌ってます。

歌詞の「あー、きみにーいまー、あいたいんだーあいにいくよー」の
主旋律のメロディ全部を1だとしてください。
ハモリは、全部3で歌っています。

ド(1)だったら、ミ(3)。
レ(1)だったら、ファ(3)。

主旋律1
(ド)あー、きみーに (レ)いまー

ハモリ3
(ミ)あー、きみーに (ファ)いまー

こんな感じです。

まとめ

和音の理論を用いれば、「ハモリができる!!」の理由はわかっていただけたでしょうか?
感覚でハモリができなくても、理論的に理解していれば、ハモリはできるんです!
(僕が感覚的にハモリするのできない)

ただ、この考え方。ひとつだけ落とし穴があって。
楽器ができない人には、割と役に立たないということです(ガッ)

というわけで、次回もお楽しみに〜〜〜〜笑

未分類

Posted by いさ